Cinema Life Career

映画紹介を中心に、仕事観やキャリアについてなど、世界観や見えていること、日常の中で感じていることを徒然なるままに綴っていきます。

【映画】ミッドナイト・イン・パリ(Midnight in Paris) 〜真夜中のパリに魔法がかかる〜

f:id:takuro901:20190316223425j:image

ミッドナイト・イン・パリ(Midnight in Paris)

真夜中のパリに魔法がかかる

昨日鑑賞した作品とは打って変わってさらっと鑑賞できそうな普段あまり観ないタイプの映画を鑑賞したが、これが大当たり。

ウディアレン監督は以前から気になってたのでいつかとは思っていたが、最初に鑑賞した作品がこれでよかった!

売れっ子脚本家のギルが、彼女とその両親とともにパリに旅行し、現代とタイムスリップをした1920年代を行き来しながら、色んなものに触れ、色んなことを考え、自分と向き合っていく物語。

どんな時代も過去に想いを馳せてその時代を生きたいと願うものである。
自分だけだと思っていたが、そうでもなかったことが知れたのはよかった。
そしてまたその過去の偉人らも過去に想いを馳せていた。
タイムスリップできるなら絶対に過去に行きたいと改めて思える。

主人公のギルが、1920年代にタイムスリップして、たくさんの芸術家に触れて、本当に好きだと思える人とも出会えて、それにより自分の方向性を明確にしていく。
そこには理性的に生きてきて、脚本家として活動していたギルに、感性的に生きることこそ芸術家であるんだということへの気付きと彼が小説家になることへの後押しが詰まっていて素晴らしかった。

現代と行き来しながら物語が進むからこそ、より理性的な生き方と感性的な生き方とが対比されるように導き出されていく。
それこそ過去がよいと思えたのは、何も過去への憧れだけでなく、思い描いていた芸術家的な生き方が今現在できていないからに他ならなかったことがわかる。

それは結婚を予定していた彼女との趣味の合わなさや彼女とその家族のたくさんのお金を稼ぐことで裕福な暮らしをすることこそ幸せであるという価値観から、そんな生き方をせざるを得なくなっていたようにも見える。

全てを事実だけでこれはこうなんだと並べるだけのうんちく評論家に嫌気がさしてきてくるのもなんかわかる気がする。
話したいのはそこじゃないんだよ感が見ていてもあった。

そこも過去のそれらを生み出した人の中身に触れるからこそ、より感じられるものでもあった。
その人がどんな人でどんな状況の中でどんな想いで何でそれを創作したのか。
そこに心動かされる何かがあるんだなと改めて思えた。

ラストでギルがパリに残る決意をして、そこで趣味と価値観の合う女性と運命的な再会を果たして終わるのは芸術家として生きる道を選んだからこそのそれで、(映画なので綺麗に抜け目なくできすぎやろと突っ込まざるを得なかったが、)非常によかった。

こんな世界観にあの物語にラストとくれば、好きにならならないわけがない。

もっと芸術について詳しかったらより楽しめたんだろうなーと思いつつ、ピカソやルイスブニュエルなど、知っている偉人の方々も出てきて、なかなかに楽しめた!

全体的な演出もオシャレで本当にアートに溢れていて、パリに猛烈に行きたくなる。
鑑賞した人の大半がパリに行きたくなる衝動に駆られるのではないだろうか。笑

それこそどんなものでも、あの1920年代のパリに叶わないと感じていたのは、それだけ多様な芸術(価値観)が共存していて、それぞれに生きていくみんなを引っくるめて、その世界の中全てが自らが最も理想としている芸術だったからなのではないか。
色んな芸術が掛け合わされてる雑多だけど、物凄く綺麗な世界。
なんかみんな自信に満ち溢れていて、だからこそ認め合える余裕のある人たちがとても素敵だった。

それでも結局何かが満たされたらまた何かを焦がれていく。手に入れたらまた何かが欲しくなる。
それが人間なのかもしれない。

本質を突いていて、それでいて前向きに切り拓いていく言葉の数々、脚本が凄くよかった。

さらっと鑑賞するのにいくつもの作品の中から選んで本当によかった。
94分という長さもちょうどよい。
好きな作品になりました!

#映画 #ミッドナイトインパリ#midnightinparis #ウディアレン #キャシーベイツ #エイドリアンブロディ #カーラブルーニ #マリオンコティヤール #レイチェルマクアダムス #マイケルシーン #オーウェンウィルソン #ニナアリアンダ #カートフラー #トムヒドルストン #アリソンピル #レアセドゥ #コリーストール #洋画 #映画好きな人と繋がりたい

【映画】運び屋 〜置き忘れていた本当に大切なもの〜

f:id:takuro901:20190314202521j:image

運び屋(The Mule

前代未聞の実話

80歳代でシナロア・カルテルの麻薬の運び屋となった第二次世界大戦の退役軍人であるレオ・シャープの実話に基づかれており、監督・主演ともにクリントイーストウッドによって映画化された作品。

家族よりも仕事を優先し、家族の世界よりも家族の外の世界を大事にし、外からの評価や名声を得ることを第一に生きてきた人生だったアールストーン(クリントイーストウッド)。 花屋を営み華やかな成果を残してはいたものの、時代はアナログからデジタルへ変わり、売上が低迷していくことで、差し押さえされた。
ずっと仕事一筋で生きていたアールは家族の大切なイベントを全てすっぽかしていたことで、家族にも見離され、孤独に生きることを余儀なくされる。

そこに近づく一人の男、ここから運び屋としての人生が始まり…

クリントイーストウッド監督は、実話を極端に重く描かずに、確かなメッセージを残していく作品が特徴的ではあるが、今作もそんな感じ。
だから極度に疲れずに、徐々にじんわりと感動が育まれていき、それが余韻に繋がる。

この映画は家族を持つものにこそ、より深く刺さってくる作品だと思った。
お金と時間、仕事と家族、これは何も等価交換でどちらかだけを大事にするのでなく、どちらもを大事にすべきこと。
何でもお金で解決して得られるものほど、縁の切れ目も早く、本当の意味での繋がりではないので、お金で武装していないありのままの自分を見てくれる人を大切にすることの尊さが訴えられていた。

家族を持つからこその責任はあるものの、近しい間柄だけでは消化しきれない承認欲求、そこから来るそれ以外の形に対しての没頭。
それが生んだあの状況である感じがした。

周りに承認欲求を満たしてくれる人がいるときには気づかない本当に大切なこと。
本当は優しくて実直で真面目な人気者のおじいちゃんでもこうなってしまうとなると、やっぱり盲目的になるのは人間の性なのかもしれない。

運び屋という闇に手を染めて、お金でたくさんの人を救っては、また頼まれて救ってを繰り返し、その運び屋の技術から闇組織にも頼られるようになり、だんだんと抜けられない沼にハマっていくアールの姿が生々しくとてもリアルに映し出される。

人のよさと無知さ、認められることがなくなっていくことを利用して搾取しようとする人たちはもちろん悪だが、このような沼にハマって抜け出せなくなる前に、ちゃんと自分で大事なことを時々で判断し、選択していける教養と余裕と美意識をしっかり養っていかないといけないなと感じた。

今作は取り返しがつかない状態になってから、最後の最後にやっと気づいて行動を変えれたからまだよかったし、捕まったからこそ断つことができたのは不幸中の幸い(表現はちょっとズレてそうだけど)と言えるだろう。

クリントイーストウッド監督が今だからこそ作ることができたユーモアがありながらも、物凄く深く大切なメッセージが入ってくる作品。
様々な経験をし、思考を張り巡らせてきたからこその奥深さであった。

ただのノンフィクション作品ではなく、そこには確かに彼自身の生涯と伝えたいことが刻み込まれていた。 「時間だけはお金では買えなかった」
「寄り添うのに、近くにいるのにお金なんかいらない」
ここに全てが詰まっていた。

自らを半ば自虐的に、こんな風にはなるなよと言われてるかのように、題材を扱うことで伝えていて、それでいて人はいつからでも変わることができるという自分へのメッセージでもあるように感じた。

老いを真正面から描きつつも、エンドロールで老いに抵抗する姿勢を余すことなく見せてくるところも抜け目がない。

イーストウッド親子共演は本当に実生活とリンクしているような感じがしてなんか感慨深い。

#映画 #運び屋 #themule #クリントイーストウッド #ニックシェンク #ブラッドリークーパー #ローレンスフィッシュバーン #アンディガルシア #マイケルペーニャ #ダイアンウィースト #アリソンイーストウッド #タイッサファーミガ #洋画 #映画好きな人と繋がりたい

【映画】1987、ある闘いの真実 〜驚愕のわずか31年前の事件〜

f:id:takuro901:20190313231209j:image

1987、ある闘いの真実(1987)

誰もが驚愕する。これは、わずか31年前の事件。
1987年、一人の大学生の死が人々の心に火をつけた。
国民が国と闘った韓国民主化闘争を描く衝撃の実話!

2018年観たかったのに観れなかった作品を鑑賞しよう第五弾。

これが31年前であったことに本当に驚愕。
共産主義を掲げる国の中で、起こっていたことはまさに悪しき共産主義の果てに起こるようなことで、そこには様々な理不尽があることを隠蔽するだけ(悪しき正義)のために惜しみなく行われていた。
軍事政権下に対しての警鐘、その中に結局自由は存在してなかったも同然だった。

それに対して立ち上がったのはただただ明らかに間違ってる理不尽を正そうとした、大多数の後ろ盾のない人たちであった。

何かを悪に仕立てあげて、それを制裁することのみが正義であるようにして理不尽を加えているのは、過去に何かがあったとしても、もはやただの自己満以外の何物でもないことがよくわかる。

共産主義を掲げるのはそれによって間違った方向に向かう国が多いのも事実なのでよいのだが、それが行き過ぎるとそれこそもっと悪い社会主義に陥りかねない矛盾を当時の韓国に見た。

強大な権力が支配する国や組織はその支配に反した時点で理不尽が起こり、そうなってる時点で、そこに自由はない。
強大な権力を持つ黒幕はトカゲの尻尾切りのように下を切って事なきを得ようとする。
それを見逃し続けたらそれこそ終わりで従わざるを得なくなる。

そんなとても大きい権力のもとで下される理不尽に立ち向かうのは極一部の一国民たちであったが、それらの諦めない思いと行動は確かにその状況そのものを徐々に動かしていく。

その状況当時を知るわけではないが、とても忠実に再現されていたのではないかというほどの緊迫感があった。
やっぱり事実を描く韓国映画は本当にレベルが高くて凄い。目が離せなかった。
見逃してよいシーンが一つもない。

それぞれの思いと行動が多くの人の心を動かし、強大な権力に抗うだけの力を得て、国を正しい方向に導いたことは、言葉では言い表せないほどの意義のあることである。

民主化闘争とはいわば、権力が集中しすぎて過度に支配することができる社会を終えることで、それが大統領選の直接選挙制への改憲やあらゆる自由の保障などであった。
日本にとっては当たり前に今は整っていることを掴むために、ここまでしないといけないのかと。

あらゆるものが当たり前に保障されてる日本は、理不尽が残ってはいるにせよ、まだ恵まれてる環境であるんだなと改めて思った。

それでも日本でも今も組織や場所によっては、ここまで酷くなくても似たようなことで苦しんでいる人はいると思う。
それは規模感とレベル感が違うだけで。

理不尽の横行は、終わりがなくそれを隠したりするために、とてつもない労力を費やすことになるのに、なぜこうも減らないのか。
人の心というものの欠落ほど怖いものはないと感じつつ、それを超える国民たちの希望は捨て切りたくない。

この史実は本当にそんな様々な理不尽への希望でもあった。
震えた。凄すぎた。ここまでできるのか。
これは本当に様々な方に観て欲しい傑作。

#映画 #1987 #1987ある闘いの真実 #チャンジュナン #キムユンソク #ハジョンウ #キムテリ #ソルギョング #カンドンウォン #パクヒスン #イヒジュン #ヨジング #ユヘジン #キムウィソン #韓国映画 #映画好きな人と繋がりたい

【映画】ソラニン 〜社会人向け青春映画の金字塔〜

f:id:takuro901:20190312235315j:image

ソラニン

私は歌う。
キミがいたことを証明するために。

高校のときくらいに鑑賞して以来に鑑賞。
この歳になっても変わらず、むしろ初めて鑑賞したときよりなぜか自分事として捉えられて、グッと来て、こみ上げてくるものがあった。
それなりに色んなものに触れ、人生経験を積んできたからこそだろうか。

夢を追いやりたいことをやって生きたい種田(高良健吾)とその側でただただゆるやかにそんな種田と時を過ごしたいと願いながら生きる芽衣子。

それ以外の周りの人たちも含めて、生きるためにしないといけないことに折り合いをつけて向き合っていく人生とやりたいことを思う存分やっていく人生を天秤にかけながらも、どちらにも決断し切れない葛藤を抱えつつ、日々を過ごしていた。

その揺れ動きは、内に隠しきれずに、実際の言動や行動に出てしまう弱さを露呈しつつも、何とか崖っぷちでもお互いの幸せと生きるためを考えて、必死に悩みもがきながら答えを導き出そうと日々を過ごしていく種田にグッとくる。
不器用ながらも優しくて純粋で正義感があって、でも自信がなくて、決められなくて…そんな人間らしさ(強さと弱さ)を持ちながら、結局折り合いをつけきれなかった人間が、一時的な幻想の幸せである今を思い知らされ、死に至ってしまうやり切れなさがひしひしと伝わってくる。

種田と緩くでもいいから一緒に平凡な幸せを感じながら生きたかった芽衣子(宮崎あおい)は、彼を亡くしたことで当然ながら、本当の意味での生きる気力を当分失う。
生きる意味を自分以外の他者ありきに置くほど、誰かのことを思えるのは本当に素敵だけど、それを失くしてしまったときの虚無感は計り知れないものであると思う。

それでも前に踏み出さないといけないのが人生である。
彼と生きることができなくはなったが、彼が届けたかった想いを届けることはできるのではと、やったことないギターボーカルとして芽衣子は立ち上がる。
それは、種田のギターを捨てることで、種田と生きてきた日々に折り合いをつけるのでなく、むしろ彼との人生に改めて向き合う決断をした瞬間でもあった。

それからというもの、種田を失くして、未来への希望もなく、今をやり過ごすように生きる決断をしていたビリー(桐谷健太)と加藤(近藤洋一)にも、また少しずつ人生の光が灯り始める。

決して大きい脚光を浴びるわけではないが、この物語を経験してるものだからこその最後の「ソラニン」がとんでもなく胸に響き、色んなシーンとシンクロして心が打たれた。
この作品を観て最後にソラニンを聴くと歌詞の意味がどんどんと入ってくる。

例えば「思い違い」は、種田と芽衣子の考えてることで、「ほんの少しの未来」は働きながらもバンドを続けていく種田の決意とそれを支える芽衣子の決意で、「ゆるい幸せ」は、2人が確かに周りに恵まれながら一緒に暮らした日々で、「悪いタネ」は、やりたいことをやりながら生きる自己実現の理想でなく、向き合いたくないけど向き合わないといけない現実で。

ソラニンが恋人との別れの曲じゃなく、過去の自分との決別であると捉えるその心には、確かに決断ができた種田の想いがちゃんと入り込んでいるということ。
それでも芽衣子にとっては結局、恋人との別れの曲となってしまった二面性をこの曲は持ってるんだと思う。
種田が歌う予定だったソラニン芽衣子が最後に歌ったソラニンは確かに違う。

大学を卒業し、社会人となる狭間のタイミングだからこそ芽生える様々な思いや感情を、そしてその中でのかけがえない人との繋がりと関わりがしっかり描かれていた作品。
その中には容赦ない現実があるからこそ、生まれてくるそれらであった。

自己実現の方法は人それぞれ違うと思うし、そもそもそれがない人もいると思うけど、競争が激しく一握りしかそれができない道を選ぶことの難しさと厳しさが、ちゃんと入っていて、そこにもやっとした感情が残るような作品でもある。

今作は、間違いなく社会人向け青春映画の金字塔。
恋愛なら種田と芽衣子みたいな関係が理想。

P.S.
宮崎あおい高良健吾、本当によかった。
特に少しやさぐれてる宮崎あおいがよすぎて!
最後の回想のシーンで種田が着ていたのはNirvanaのTシャツだった。
種田の好きなバンドはNirvanaだったのかな…カートコバーンもまた、折り合いをつけないといけない現実に悩み葛藤して亡くなっていったのかなと。
音楽の監修は、個人的にとても好きなバンド「ストレイテナー」のホリエアツシさんのソロプロジェクト「ent」であるのも含めて、本当に好きな作品。
また事あるごとに観たいなーと思います。

#映画 #ソラニン #三木孝浩 #浅野いにお #高橋泉 #宮崎あおい #高良健吾 #桐谷健太 #近藤洋一 #伊藤歩 #井浦新 #永山絢斗 #岩田さゆり #美保純 #財津和夫 #ent #邦画 #映画好きな人と繋がりたい

【映画】21世紀の女の子 〜21世紀の女の子に捧げる挑戦的短編集〜

f:id:takuro901:20190310230106j:image

21世紀の女の子

21世紀の女の子に捧げる挑戦的短編集

上記の共通テーマをもとに15人の女性若手映画監督による短編15篇で構成されるオムニバス形式の作品。

想像していたものを超える若者ならではのエモさが全体的に広がっていて、突き刺さっても来るしじんわりも来るし、本当に色んな感情と思考が行き来する、まさに映画的美術館に入ったようなアーティスティックな世界観だった。

その中で描かれてるのは女性の心の機敏や普段の生活だとなかなか出てこない内面。
あらゆる立場や人、状況下でのそれらが脚本と演出でしっかりと表現されているのが印象的だった。

以下、各作品の簡単な考察です。あくまで主観で捉えたものです。

#ミューズ
出会いは偶然。美しく頭のよさそうな表面とはうらはらに、破天荒な裏がある中村ゆり演じる女性に、いつの間にか惹かれて好きになっていた石橋静河演じる主人公。
好きという感情はわからないとよく言われるが、それは亡くなってしまった瞬間に感覚的に腑に落ちていくのか。

#Mirror
好きが先に来てるのか、自分の目的が先に来てるのか、はたまたそもそも好きと言えるのか。
瀧内公美演じる主人公の女性が朝倉あき演じる好かれていた女性との相対により、徐々に意図して隠していた諸々を抉り取られていきつつも、本当の想いは結局わからない。
恋愛のかけ合いにもやもやが残る終わり方。

#outoffashion
自分の将来に悩むファッションの専門学校に通う一人の女性。
読者モデルとして巷で話題になってきていたとき、自分のやりたいことと向いてそうなことのどちらを選ぶのかに悩み葛藤していく様が描かれている。
昔好きだった男と一緒に夢を追いかけると信じていた友人の心変わりが、より向かう先を悩ませ、一つの才能に現実の重さがのしかかる。

#回転てん子とどりーむ母ちゃん
少女の夢の中では、あらゆる母の本音合戦が繰り広げられていた。
表では決して露わにならないその裏を意外と子どもは見抜いてるんですよと言わんばかりのホラー要素をやや感じる作品。
この悟ってる感が後味の悪さを助長する。

#恋愛乾燥剤
人のある一面を見て惹かれた好きは、いざ付き合うことになったときに、現実(普段)の彼のギャップに幻滅を抱く。
それとは裏腹に自分に惹かれてくる男に嫌気がさしつつも、結局惹かれた彼を見てはまたハッとなるの繰り返しが恋愛なのか。

#projection
撮られることへの切望とそれが叶うことの喜びの表現、そこから過去を反芻していくシーンに綺麗に流れていくのはさすがにエモかった。

#Iwannabeyourcat
好きな人に飼われてるように好きな人の理想のために生きている女性とその意識のない自分中心男性の一幕。
何を話してもわかり合えなくても、好きだったら離れられないものであろうか。

#珊瑚樹
女性の三角関係。
複雑に入り乱れるかと思いきや、3人に別れが訪れようとすることで、意外とあっさりと終わるのか、と思いきやあのラスト。
見せかけのものでも相手が本気にしちゃったらそこからは逃れられない。

#愛はどこにも消えない
自己肯定感の先にあるのは、幻想の好きでいてくれる誰か。
自分を好きになり切るために幻想を捨てきれない美女は生きる過程において、現実と向き合い、その幻想と決別する。あくまでも自分を好きなままで。それも成長。

#君のシーツ
結局好きなのは彼ではなく彼女。
「自分が男だったらよかったのに」と、夢にそのもしもを思い描くまでに、その人のことを好きになってしまったのなら、もうそれは決して忘れられないのではないか。
それを思い起こさせる君のシーツ。

#セフレとセックスレス
セフレから何かが生まれるのか。
好きになってはいけない人を好きになってしまったあとの末路は、何も決別だけではないことを描くことで、セフレのその先に希望を見ているように思えた。

#reborn
付き合っているときに抱く好きな人との差、明らかな劣等感からそれを自分で消化できない人は相手に破壊を求めてしまう。
本当に必要とされているのかどうか、という意味でのその場における自己肯定感がないと、恋愛って難しいんだろうか。

#粘膜
好きという感情を廃してるように色んな男とひたすら寝る女性と開き直れずに愛し愛されることを望む女性の対峙。
噛み合うはずがないのが、妙に噛み合っているように見えるのが不思議。

#離ればなれの花々へ
圧倒的。全作品を走馬灯のように駆け巡り、包み込みながら全てを持って行く。
設定は生まれる前の女の子。3人がいかにして生きていくかについて、答えなき答えに行き着こうと、ひたすらに持論を展開し合う。
中でも孤独の質に対して言い合ってるシーンは、物凄い深いところに入ってきた感じ。
人間は基本的に孤独である前提で、その孤独をいかに豊かなものに仕上げていくか。
詩的で意味深な言葉のラッシュと反復が非常にエモーショナル。
唐田えりかが特に映える!
あと10回は観たい。

#エンドロールアニメーション
物語は見るだけじゃなくて自身で作り上げていくもの。
物語を作ろうと奮闘していたら引き上げてくれる人がいるよという優しさが詰まったエンドロール。

#映画 #21世紀の女の子 #山戸結希