Cinema Life Career

映画紹介を中心に、仕事観やキャリアについてなど、世界観や見えていること、日常の中で感じていることを徒然なるままに綴っていきます。

【映画】紙の月 〜退屈な日々にさようならを〜

f:id:takuro901:20190512121308j:image

紙の月

最も美しい横領犯。

八日目の蝉の原作でお馴染みの角田光代原作の「紙の月」を、「桐島、部活やめるってよ」や「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」などで様々な視点からの細かな人間描写に定評のある吉田大八監督が映画化した作品。
設定はさながら、監督の思いから、原作とは違った形で映画化されている。

吉田大八監督の作品はわりと好みな作品が多くて、今作も気になってたので鑑賞。

バブル崩壊直後の1994年を舞台に、平凡な主婦による巨額横領事件が起こる背景や起こるまでの一つの物語が過去と反芻されながら、その後も含めて描写されている。

主婦としても、銀行員としてもお手本のような美人の梨花宮沢りえ)が、一人の青年と出会い、交わることを発端に、理想から崩れていき、周りとのイメージとはどんどんかけ離れていき、犯罪に手を染めていく姿になぜか見入ってしまう。

その裏にあるのは平凡な日常。いわゆる刺激のない毎日。
主婦としても、銀行員としても、楽しいと言えることも充実していると思えることもなく、淡々と日常が過ぎていくだけの日々に嫌気がさし、徐々にはみ出ていき、悪しき方向に足を踏み入れる。

受け身で言われるがままに生きていたことからくる退屈な日々に、慣れずに自分の思うがままに生きようとして、コントロールが効かなくなっていく。
我慢から自分の気持ちや思いを持ったときに発散されるその暴走力は凄まじい。

年下男性で、しかもお客様の孫(池松壮亮)との不倫から、その孫のために尽くしまくるようになる梨花
それは抑えきれずにあるあるの展開になっていき、崩壊の一路を辿っていく。意外と脆い。

ただ、そのあるまじき方向に向かっていくにつれて、彼女が縛られたものから解放されていき、幸福度は増していくように描かれていく。
倫理的に正しき行いと人生の幸福度、充実度は反比例であるように表現されていることに、社会への皮肉を感じる。

さらにそれが倫理観なき行為だとしても一定理解し得てしまうのが厳しい。
最近、ドラマ「後妻業」や映画「ギャングース」、オムニバス映画「十年」の「PLAN75」、さらにニュースだとピンポン詐欺、オレオレ詐欺などの高齢者を狙う犯罪含めで直接的、または間接的に、資金潤沢だが生きる意味や希望を見出せていない老後を過ごす高齢者に対してのアプローチには非常に考えさせられることが多い。

もちろん世間一般における善悪は明確であるはずの問題に対しても、人によっては悪になり切らないことがあると考えるとなると結局善悪はその人に委ねられるし、そもそもそれを考えられる余裕があるかないかの世界でもあるし、非常に難しい問題であるなと感じる。

でも国の中で生きる以上、ある程度決められたり大多数の感じる正論や善のもとで生きなければならないのもしかりではあるので、自我と世の中とのバランスを保つことが大事だと改めて思った。
それに関わる当人の思いも間違いなく重要。

今作を観たときに、犯罪レベルのことなのに、都合よく自分のやろうとしていることをよいように解釈してやってしまうことの危うさとそれを成功させて自己実現が叶ったときの快感とそれが忘れられなくなりエスカレートしていく怖さを痛感した。
これも一種の薬物のようなものなのかもしれない。

どれだけ考えて一歩手前で自分を抑止できるか、あらゆる方面から先のことまで考えて行動することの大切さも感じられる。

それとは別に、ラストは海外に逃亡することで、自由のない日本と自由のある海外を半ば皮肉的に比較して終えてるのかなと思わずにはいられなかった。
あの解放感が物語っていたものは何だったのか。

ただのミステリーではなく、そんな混在してメッセージ性を感じる良くも悪くも不気味な作品でした。

P.S.
吉田大八監督は日本の中に蔓延る何かしらに皮肉的にアプローチしていく作品が多い。
物語がわかりやすいからこそ、メッセージとか抜きにしてそれ単体でもなんやかんやおもしろく仕上がってるのが凄い!

#映画 #紙の月 #吉田大八 #角田光代 #宮沢りえ #池松壮亮 #大島優子 #田辺誠一 #近藤芳正 #石橋蓮司 #平祐奈 #小林聡美 #邦画 #映画好きな人と繋がりたい

【映画】アベンジャーズ/エンドゲーム 〜見事に完成した異次元の世界〜

f:id:takuro901:20190504155747j:image

アベンジャーズ/エンドゲーム(Avengers: Endgame)

最強の、逆襲(アベンジ)へー。

令和初日に鑑賞。令和初鑑賞の映画となりました。
ネタバレはしないようにかなり意識してレビュー書きました。

MCUシリーズだとまともに鑑賞した映画は、初回のアベンジャーズとインフィニティウォーと今作くらいですが、それでも物凄く心動かされた。

確かにMCUをずっと追ってきたファンにとっては、もっとたまらなくて極上の時間であったことは間違いなさそうな内容。

もしこれから鑑賞される方でMCU追っていない方も、インフィニティウォーは鑑賞しておくとより入りやすいかなと思います。
観ていないと冒頭が何のこっちゃわからない可能性も!

それにしてもMCUは本当に現実にはない完全に別の世界を創り上げてしまいましたね。
しかも本当に何百年後かの未来に起こり得そうな世界を。
しかもこんなにあらゆるものを巻き込んで、緻密に創り上げていったのは、もうそれを実現させたというだけで凄い。

序盤にあらゆるキャラクターの布石を並べていき、それが中盤から終盤にかけて徐々に発散されていき、最後は本当に胸熱で感動的な幕引きだった。

ただの壮大なアクション映画に留まらない正義と正義のぶつかり合いと何かを選択するときの葛藤、大義と身近な生活のどちらをとるのか、の重い重い選択とその先にある絶対的に振り切った彼らの正義を思う存分堪能することができた最終作。

正義を考える作品では、どうしても人と人のぶつかり合いになりがちだと思うが、アベンジャーズでは人智を超えたもう一つ上をいったそれぞれの正義がぶつかり合う構造となっている。

国同士ではなく、地球とそれ以外の星という大きな世界観で、今自分たちが過ごす生活や周りの色んなものを考えたときに、やはり壮大すぎて思考が前に進まないのが普通だが、今作は見事にそれを形にしているのが圧巻。
イメージできるわけがない世界観を本当に重厚に形にしているのが凄かった!

終盤1時間くらいは色んな感情が行き来しまくってその置き所を見失ってしまっていた。
MCU作品をがっつり観ていなくても前のめりになるし、そもそもあんなに多種多様な個性、キャラクターを持ったヒーローが一堂に会して思う存分アクションしてるなんて、それだけでも見応えは十分にあった。

それなのにその一つ一つのキャラクターの描写も、MCU観ていない人向けなのか、ちゃんと描かれてあったから置いてけぼりくらわなくてよかった。

未来の想像し得ることができる世界と世界のぶつかり合いを見事に形にしていた作品。
映画として観るとディズニーよりも世界観と一体感がしっかりとしていて、あんなに大勢の方がハマるのはわかる気がする。

さすがにハマるのが遅すぎて全然追いかけ直すことはできなかったけど、エンドゲームでは、こんなミーハーでもちゃんと楽しめるように、構成してくれてるのは本当にありがたかった。

アベンジャーズが終わる。新たな希望のために。
まさにそのキャッチコピーがぴったりのラスト。
しっかりと丁寧に余韻残してくるところも抜け目がなかった。

アベンジャーズファンの方は自分なんかが言わずもがな鑑賞されると思うし、むしろもっと深く感動して語れることも多いと思うので、あえてそんなに興味がない、あまり鑑賞して来なかった人たち向けにレビューを書きました。
後者のような方もエンドゲーム、ぜひおすすめしたいです!

ミーハーでも楽しめるし、深く感動できて感化させられます。
できたらインフィニティウォーを観て、キャラクターも予習していくと、より楽しめると思います。

ぜひ劇場で堪能してください!

P.S.
Filmarksでこれだけのレビューがあって★4.7というのがえげつない!
こんなスコア初めて見た!
それだけでもう傑作具合を物語っている。

【映画】SING/シング 〜好きに正直になる〜

f:id:takuro901:20190502115122j:image

SING/シング

歌のチカラで元気になれる、新しいエナジームービーがやってきた!

劇場公開してたときに鑑賞するか悩んで結局鑑賞できてなかったので地上波で鑑賞。
地上波ありがたい。今回は軽めのレビューで。

気軽に誰でも楽しめる王道ミュージカル映画
トクサツガガガの「スキなモノはスキ」な感じがなんか蘇ってきた。

好きなことに対して、それぞれが何かしらの障壁を持っていて、それでも止められなくて、諦めずに努力したり、それに一直線に頑張って、最後に自分たちのショーとして最高の舞台を創り上げる。

好きなものやことがあったとしても、それが仕事にならなかったり、それで食べていけるかどうかの障壁が高かったら、そこになかなか一直線に進むことができない。
でも千載一遇のチャンスに飛び込んでみたら、たくさんの同じ想いを持ってる仲間がいて、気づいたらみんなで独特な世界観を完成度高く創り上げていて、めっちゃ盛り上がって、人の心を動かし巻き込んでいくという最高の逆転サクセスストーリーだった。

それぞれに裏の物語もしっかりあっておもしろかった。

なんか夢を持つ人、好きなことを仕事にしたいともやもやしてる人に希望を与えるような作品でもある感じで、最後のショーは本当にわくわく楽しんで観ることができた!

結局好きなことは止められない。
逆境でも諦めずにとりあえず力を合わせてやってみる。
それぞれの個性が爆発した最後のショーがとてもよかった!

まさに笑って泣けて元気が出るエンタメエナジームービー!

そして日本語吹き替えがかなり豪華だった。
「My Way」やっぱり好きだなー!
長澤まさみが想像を超えて歌上手。

 

#映画 #SING #シング #ガースジェニングス #内村光良 #MISIA #長澤まさみ #大橋卓弥 #斎藤司 #山寺宏一 #坂本真綾#田中真弓 #宮野真守 #大地真央 #映画好きな人と繋がりたい

【映画】愛がなんだ 〜幸せな恋愛ってなんだ〜

f:id:takuro901:20190430224659j:image

愛がなんだ

全部が好き。
でもなんでだろう、私は彼の恋人じゃない。

私はただ、ずっと彼のそばにはりついていたのだ。

ダメでかっこよくないところも、全部を好きだと思ってしまったら、嫌いになることなんてたぶん、永遠に、ない。

角田光代原作を岸井ゆきの主演で今泉力哉監督が映像化した作品。
タイトル、予告、上記3つのキャッチコピーから、かなり前より楽しみにしていた作品をやっと鑑賞。

人生における充実度や幸せを語るときに、恋愛や結婚がその大部分を占める人にとっては、非常に現実を突きつけられ、じんわりと刺さってくる作品のように思えた。

それでも、そういう普遍的で難しくもあるこの曖昧な関係ですらも、愛おしさを感じられて、それごと包み込みながら、次の新たなスタートを切る勇気を与えてくれる展開とラストがとてもよかった。

本当の恋に落ちるということは、好きになることよりも盲目的になり、どうしようもなくなり、その人と何かしらの形で関わることができなかったら、生きた心地すら感じられないほどになり、その人に嫌われないように、好かれるように、より頼られるようにただ一直線にひたすら頑張ってしまうもの。

いかにも厄介なのは、このような曖昧な恋愛の形は、どのようにどのような関係を作ることが自分にとって、相手にとって、お互いにとって正しいかがわからないことである。

さらに好きということを、関係が変わることを恐れてなかなか伝えられず、それこそ流れに身を任せて付き合うということにしてしまいたくなり、そこに相手の想いを知ることを必ずしも必要としたくないことで、自己解釈をしてしまいがちになる。

それで相手は自分のことが好きになってくれてるのではないか、という勘違いが生まれ、一方通行の尽くしと依存の関係は、エスカレートしていき、心の距離は近づいているどころか、離れていってしまってる。

憧れのように好きな人との恋愛を発展させて、その関係、もしくはそれ以上の関係に発展させながら続けることが、あらゆる人の恋愛模様から難しいことがわかる。

多分恋愛における幸せとは、「ちょうどよい人」のことを、いかに好きになれ好きにもなってくれる、いわゆる両想いの関係になれるか、という尺度で測られる気がする。
ちょうどよい人というのは、人によって定義は変わってくると思うが、大枠は住む世界が違い過ぎず、大事にしたいことが近しくて、お互いが適度にお互いのためを思えて頑張ることができ、また頑張りたいと思えることで、対等な関係をずっと続けられるような人。
さらにお互いの余裕の度合いが近しい人。
このバランスが非常に大切なんだろうと改めて思った。

今作のそれぞれの片想いの連鎖は、どうしようもない相手と繋がっていたいというどうしようもない想いを決して消すことができない先に生まれていっている。

それはどんな状態であれ、一緒にいさえすれば、何かの拍子に自分のことを好きになるかもしれない想いがあり、さらにそれを超えた先には、ただその人と一緒にいられるだけでよかったりもするのかなーと。

マモちゃんはすみれとうまくいかないと思っているからこそ、恋愛としての可能性を捨てきられない感じで、マモちゃんにとってのすみれがテルコにとってのマモちゃんになっていることに気づけていなかった。
気づいてからも、結局自分を止められず、歯止めが効かなくなってしまっていた。

主観的に(盲目的な状態で)行動をしていると、自分が他者にしていることが、相手にとってよくないことをしているのに気づかない。
落ち着いて客観的に見て考えられたらよいのに、それをテルコ、マモちゃん、葉子、ナカハラはできていなくて、すみれが唯一理解して諭していっていた。
だからすみれとの出会いによって、みんながやっと客観的に自分を見ることができていたのが印象的。

穂志もえかの役が仕事と恋愛を踏まえて人生とそれにおける幸せを考えている人として出てくることでよい塩梅になっていて、その人から見る恋愛依存の人の見え方もかなりリアルだった。

確かにこの世の大半が恋愛こそが人生における幸せを唱えそれを実現しちゃう人だらけだったら、ずっとくっついていたくて仕事どころではない人ばかりになり、この世の中は回らないかもしれない。

でも結局、関係が一度壊れていったとしても、それぞれがまた何かしらの形で繋がっていたいと思い合える関係は、それが夫婦や家族、友情とは言えないものであったとしても、非常に羨ましくあり、素敵に思えた。
あんな関係に落とし込むことができるのは純粋に凄い。

好きになる人は好きになってしまったらしゃあない論もわかるけど、結婚を意識して好きになる人はちゃんと選ばないといけないと感じる。
そして幸せは何を軸に、どのようなバランスで考えて創り上げていくか。

普遍的なことを題材に、丁寧にそれぞれの人の想いと中身が描かれていた作品。
平成最後に鑑賞できてよかった。

P.S.
キャスト全員とてもよかった!
それぞれが全て自然体に見える演技がたまらなかった。
深川麻衣が魅力的すぎた。

#映画#愛がなんだ#今泉力哉#角田光代#岸井ゆきの#成田凌#深川麻衣#若葉竜也#穂志もえか#片岡礼子#筒井真理子#江口のりこ#邦画#映画好きな人と繋がりたい

【映画】ミスミソウ 〜家族が焼き殺された日、私は復讐を決めた〜

f:id:takuro901:20190430202651j:image

ミスミソウ

家族が焼き殺された日、私は復讐を決めた。

2018年観たかったのに観れなかった作品を鑑賞しよう第八弾。

田舎独特の閉塞感と逃げ場のない絶望に抑圧された環境下から来る行き場のない溜まりに溜まった鬱憤が、最も昇華されてはいけない形にどんどんと昇華されていき、その負の連鎖がとことん救いのなさを助長していく展開と内容。

もちろん実話ではなくフィクションだが、救いのなさを描く作品の中でもここまでリアルな生々しさを持ちながら、強烈にじんわりと突き刺さる重さを感じた作品は初めてかもしれない。

しかも一方面からではなく、多方面からのあらゆる負が複雑に入り乱れていることで、終わりが見えない絶望の果てしなさが物凄く感じられたし、そこにこういう世界観とは対になるような愛や純粋さまでもが描かれ、それをも狂気に繋がるような描写となっていて、さらに救いがない。

話が進めば進むほど、それぞれの真意が見えてきてこんなはずじゃなかったのに、というそれぞれの思いに対して、同情の念や切なさも芽生え、感極まってくる。
多面的な視点からの闇もどんどんと露わになっていく。

成熟していないがゆえのそれぞれの背景からくる脆さが、とてつもない狂気に変わり、暴走していき、その果てには結局一人を除いて何も残らない。

さらに、過去と今を行き来するタイミングとそのバランスもとてもよく、起こっている事象に対して感情が動くエッセンスを見事に加え、作品に深みが与えられている。
特に主人公である野崎春花(山田杏奈)と彼女をいじめていたグループのリーダー的ポジションであった小黒妙子(大谷凛香)の間には、とても神秘的で美しい2人の空間が過去にはあった。

その空間を作っていた2人の関係は、あるきっかけにより、開き直ることができないからこそ崩れていったんだと「こんなはずじゃなかったのに」の裏側がそれ以外の関係も明らかになっていくことで、縦にも横にも深まり広がっていき、より一層感情が揺さぶられていくのである。

ただの鬱々とした訳のわからない怒りの爆発が表現されているのではなく、関係を築き上げていくこと、理解しようとしてもらうことに、妥協をしていないからこそ、それが行き過ぎて理性や倫理観、道徳観が麻痺して、それぞれが狂気と化していく様がしっかりと描かれていた。

初めはみんながまともだった。
優しかったし、誰かのために行動できる人たちだった。それを描写するシーンもしっかりとある。
それなのに環境や状況によって、こうも狂ってしまう可能性がある。

逃げ場のない絶望の果てには、人間味をなくした狂気が待っている。
それは殺人に向かうこともあれば、自殺に向かうこともあれば、それ以外に向かうこともある。
そんなことを静かに物語っている作品でもいり、まさに「最も切なくて、最も美しく残酷なトラウマサスペンス」だった。

愛憎をこんなにも多方面から緻密に表現し、神秘的に昇華し切った作品はそんなにないのではなかろうか。

P.S.
山田杏奈と清水尋也を筆頭に、大谷凛香と大塚れなの演技が特に凄くて憑依してる感があった。
キャストの演技も演出もリアル過ぎて、目を背けながらじゃないと正直最後まで観てられなかった。それくらいきつかった。
それでも山田杏奈と大谷凛香が何とも美しかったのである。
余談ですが、「ミスミソウ」は、厳しい冬にも負けず、花を咲かせる姿から「自信」や「期待」などの花言葉がつけられている。
ミスミソウは、春花だけでなく本当は誰にとってもの理想であったのか。

#映画 #ミスミソウ #内藤瑛亮 #唯野未歩子 #押切蓮介 #山田杏奈 #清水尋也 #大谷凛香 #大塚れな #中田青渚 #紺野彩夏 #櫻愛里紗 #遠藤健慎 #大友一生 #遠藤真人 #森田亜紀 #戸田昌宏 #片岡礼子#寺田農 #邦画 #映画好きな人と繋がりたい