Cinema Life Career

映画紹介を中心に、仕事観やキャリアについてなど、世界観や見えていること、日常の中で感じていることを徒然なるままに綴っていきます。

【映画】母さんがどんなに僕を嫌いでも 〜切っても切れない家族に対しての愛情〜

f:id:takuro901:20190903132707j:image

母さんがどんなに僕を嫌いでも

大好きをあきらめない。

原作の著者自身が、経験した虐待やいじめからのトラウマを、周りの人々の温かさに触れ、受け入れられ、助けられることで、乗り越えていくまでが描かれている作品。

こういう作品を観ると、世間的に繋がることが絶対的な正しさとされていて、繋がりざるを得なくなってる家族という存在と繋がり続けることが、必ずしも正しい答えでないことを改めて思わせられる。

人がどんな人とどう関わっていくのかなんて、一括りにしてこれが正しいなんてことは決められない。

このような非道な扱いを受けたとしても、親の愛を諦め切れずに育っていくのは、親こそは絶対的に愛し愛される対象であるという前提の圧力みたいなものが、少しは関係しているように思った。
あれでも離れられない状況になってしまってるのは、見ている側からするとどうも居た堪れなさすぎる。

 

子が親を思う気持ちって、(上記のような前提がなく)一緒にいることで虐げられるとしても、(これも人によって違うかもだけど)やっぱりあそこまで強固なものになるのだろうか。
それでも繋がっていたく、放っておけない存在になるものであろうか。

この作品には、自分にはわからない、というよりも到底思考が及ばない親への愛を捨て切れずに、ずっと諦めずに向き合い続けていた、一人の姿が描かれていた。
一人の人に対してここまで向き合うことができることそのものに凄さを感じて、それが実話だからこそ、より刺さってきて、じんわりくるものがあった。

 

上記に色々書いてはいるものの、家族、特に産んでくれた母に対しての想いは、そんな簡単に消せるものでなく、時に異常に見えるくらい力を持っていることも同時に理解できた。

他の人に触れて人の温かみに気づき、人生が好転してある程度余裕が生まれたときに、他の人との恋愛関係を作ろうとするのではなく、母との関係の修復、母を助けることを第一に動く姿に、人としての度量と親という唯一無二の存在の大きさをも感じられる。

 

ここには、許す許さないという浅はかな関わりではなく、母の全て(許せないようなことも含めて)を理解し、それ前提でその人自身を受け入れた上でどう向き合っていくか、という物凄く醸成された人との向き合い方、どうしようもない人でも関係を決して諦めたくないその人との関わり方について、考えさせられた。
相当な体力と精神力がいるだろうことも考えると、やはり感化させられるものがあった。

彼は身近な存在としてばあちゃんがいなかったら、本当に壊れていただろう。
いや、もはや亡くなっていてもおかしくなかった。
現に何人もの幼い命が、虐待などによって亡くなってるのも事実である。

 

また、幼い頃に壮絶な自己否定された経験をしている歌川たいじのような人は、本当に温かい第三者からの支えや助けがないと、自らを卑屈に捉えながら生きる以外、考えられないんだろうなと思う。
自己肯定感を自分に全く持てずに、一人で生きる以外の道しかないと思ってしまい、人を簡単に信じることができない。

そこにしつこく踏み込んでくれる人たちがいて、たいじも疑いながらも徐々に近づき、信じることができるようになったからこそ、やっと生きる上で人と関わりながら生きることの楽しさを見い出し、徐々に自己肯定感を持つことができるようになった。

 

そこには人と人との繋がりをどれだけその人の姿そのものな状態でお互いに受け入れ合い、その関わりの中で真善美を醸成しながら、やってはいけないことの線引きを引いて生きていけたらよいことがわかる。

自己肯定感が高い人は、おそらく前提として人には欠点が絶対あり、それも含めての個々人であることを理解していて、それを個性としてポジティブに自分の中に、腑に落とせている人なんじゃないかと思った。
そうなるにはある程度、余裕と拠り所が必要。

 

それを前提としてるから人との向き合い方に優劣をつけずに、全員と同じように自分を出しながら相手と嫌味なく接していける。
森崎ウィン演じるキミツがまさにそんな感じで、たいじはキミツとの出会いで、本当に人生が変わったと言えよう。
これだから新しいことへの挑戦や出会いには、物凄い可能性を秘めていることもわかった。

ばあちゃんとの出会いで、自らを悲観的にネガティブに捉えることから解放されていき、友人たちとの出会いで、自己肯定感を徐々に養い、真善美を育むことができ、行動や言動の善し悪しを判断できるようになっていったたいじは、親に恵まれなくても、出会う人に本当に恵まれていた。

 

こういう人が増えたらいいなーと思う。
家族が全てじゃないし、学校が全てじゃないから、限られた人との関わりで築かれたものが自分の全てであると思って欲しくない。
そういうことを改めて感じて考えさせられた作品だった。

P.S.
太賀の演技がよすぎてぼろぼろ泣いた。
コメディ路線もよいけど、こういう演技も本当によい。
本当に凄い俳優だと改めて思った。同い年なんですよね…尊敬!
吉田羊もあまり馴染みのない役柄だったけどよかった。
でもやっぱり吉田羊は、最後のような優しさの滲み出る母親がハマりますね!

 

#映画#母さんがどんなに僕を嫌いでも#歌川たいじ#御法川修#太賀#吉田羊#森崎ウィン#白石隼也#秋月三佳#小山春朋#斉藤陽一郎#おかやまはじめ#木野花#ゴスペラーズ#邦画#映画好きな人と繋がりたい

【映画】アルキメデスの大戦 〜もしも軍人嫌いな天才数学者が当時の海軍に入ったら〜

f:id:takuro901:20190901123900j:image

アルキメデスの大戦

これは、数学で戦争を止めようとした男の物語。

よかった!
架空人物である天才数学者が主体となり余すことない緊迫感から来る飽きない展開を保ち続けるおもしろさを軸としたエンタメ性を持ちつつ、天才数学者を架空人物として入れることにより、わかりやすく当時の実態と異常性を現代における問題のアナロジーとして説明的に露わにしていき、痛烈なメッセージを残していく物凄い作品であった。

 

フィクションではあるが、出てくる登場人物は当時の海軍を司る人たちであることから、時代背景や政治の実態については、当時に近しい内容になっているのがわかる。
ただし、主人公である櫂直は実在していなかった架空の人物である。

これからの戦争は戦艦ではなく、航空機が主体になり進められていくから巨大戦艦は必要なくなるという考えを持つ山本五十六海軍少将は、平山忠道造船中将が提案する無駄に大きい巨大戦艦を建造する計画案でなく、対航空機戦闘に備えた航空母艦(空母)を建造する藤岡喜男造船少将の計画案に賛同する。

平山忠道側の出す明らかに安い予算案に関して不信感を持った山本五十六は、天才数学者である櫂直を少佐に抜擢し、巨大戦艦の正しい見積りを出すように依頼する。

もしも天才数学者が当時の海軍に入り、問題点を暴こうとし影響を及ぼそうとすれば。
もしも戦争や軍人が大嫌いな頑固で一直線な人間が海軍に入り影響を及ぼすとすれば。

 

櫂直が見積りを出すに至る数式(結果)に関しては作品の中ではあくまで副次的なポイントであり、その見積りを出すに至るまでの過程で明らかになっていく財閥と裏で軍部が繋がっている事実や調査において必要なデータ、資料を隠し足止めする悪しき根回しによる隠蔽、問題点が暴かれたにも関わらず結局作られてしまった怪物戦艦大和から、当時の日本の実態が露わになっていき、その異常性を物語っている。

結局アメリカとの戦争を前提として考えられていたそれぞれの計画、財閥と軍部の繋がりにより不正に税金が使われている事実、軍人が大嫌いで戦争を止めるためにあれだけ奮闘していたのにも関わらず、最後に染まっていき戦艦大和ができてしまう結末。

 

美しさと正しさは、それがとてつもなく大きな決断であったとしても、全く別方向を向くことがある。
正しくはないが、その並外れた美しさに強烈に魅了されたときに、何かしらの理由をかこつけてその美しさを掴みとろうとする。

その姿を反面教師として映し出していく各人の描写とそれを裏づける物語性、そしてそこから生まれる類い稀ない反戦たるメッセージ性を強く感じる今までにはなかった類いの戦争映画であった。

 

美しさに囚われていくという意味では、比較するとさすがにその濃度に差はあるものの、『風立ちぬ』に近いものを感じた。

それらに加えて保守派(固執した考え方)と革新派(新しい考え方)の対立構造や対比を軍人対軍人だけでなく、軍人以外対軍人で描いているのも本作の特徴である。
そして、軍人の中の軍人の象徴であった田中正二郎少尉が、確かに櫂直に感化されていく構図もしっかり描かれていて、そこは本作における救いでもあるように感じた。

 

第二次世界大戦から約1世紀が経とうとするのにも関わらず、まだこれだけ戦争を題材にした作品が出てくるのには、その悲惨さによるメッセージ性だけでなく、それらが起こる過程や戦時中における思考言動行動に、現代にも通ずる問題のアナロジーが様々な要素として効いており、現代に対しても考えるべきメッセージ足りえる要素がたくさんあるからなんだと思う。

その大半は反面教師たる要素なのは言うまでもないが、見習うべきものとして描かれるものや何か共感を引き出す要素も入り込んできているものもある。

 

最近の戦争を題材にした作品は特に、悲惨さだけに着目するのではない本当の意味で必要である本質的な部分を直視して、振り返って考える要素をしっかりと盛り込んでいる作品が増えてきたように感じて、何か物凄く前進しているように感じる。

 

P.S.
キャストは全員物凄くよかったのは言うまでもないが、菅田将暉柄本佑の完全に対比されたキャラのタッグ、せめぎ合い、真逆なタイプが徐々にシンクロしていくことで生まれる相乗効果を見事に違和感なく形にする演技と偶像的お嬢さんとしての浜辺美波、当時の保守派をまんま表したような人物像として空気を一変する雰囲気を持つ田中泯がキャスティングと演技含めて特にハマっていてよかったです。
改めて菅田将暉の底知れぬ憑依の凄さを感じ取れる作品で、彼の演技を見るだけでも価値と意味のある作品だと思います。
同い年とか末恐ろしすぎる。信じられない。

 

#映画 #アルキメデスの大戦 #山崎貴 #三田紀房 #菅田将暉 #柄本佑 #浜辺美波#笑福亭鶴瓶 #小林克也 #小日向文世 #國村隼 #橋爪功 #田中泯 #舘ひろし #邦画 #映画好きな人と繋がりたい

【映画】旅のおわり世界のはじまり 〜旅が見出した確かなる生命〜

f:id:takuro901:20190824232125j:image

旅のおわり世界のはじまり

私の心は迷子になった。
遠い空の下、"新しい自分"に出会う。

待望の黒沢清監督の最新作は、前田敦子主演で、今までとは少し毛色の違う作品。
一人の女性の無気力の生が一つの旅を通して、確かなる生への新しい第一歩を踏み出していくような作品である。

前者のキャッチコピーが前半、後者のキャッチコピーが後半と繋がってるような感じ。

 

旅が好きな人にとっては、何で旅が好きなんだろうか、を考えられるきっかけになると思います。
旅好きな自分は考えられました。
自らが東南アジアを周ったときに感じた無駄なものをその場所に持って行かずに、身一つで感情的に楽しみ、その状態で異世界に触れることで自分に新たなエッセンスが加わるような気持ちのよい言葉にしにくい感覚。
それが価値観や考え方だけでなく、色んな五感に影響を与えて、そのときだけでなく、その後の人生にも影響を及ぼし得る体験ができることこそが、旅が好きな理由なんだと。

明らかに前半と後半における旅の概念が異なっていて、そこにこの映画の意味と深みがある。
それはまるでアイドルであった前田敦子が自らの意思に正直になる解散後の女優活動に至るまでのように。
人生と旅を上手に掛けている作品で、今作を観ることにより旅だけじゃなく、人生や生き方についても考えさせられるものとなっている。
旅と人生は何だか似ている。いや、似せるようにしていくことが豊かな人生へと繋がってるような感じがする。

 

舞台はウズベキスタンとあまり日本には馴染みのない国。
テレビ番組の取材のためにクルーとともにウズベキスタンを訪れた葉子(前田敦子)は、初めは仕事としてその場を何とかやり過ごすことが第一となっていて、旅としてその場を楽しむことができていなかった。

仕事としてはただ言われたことに従うだけ、仕事以外の時間は何とか生きるためだけに最低限の食事を調達し、あとはホテルにこもっていつでもできる彼への連絡が中心の生活。

 

自分のやりたいことと違う方向に向かっていることへの違和感、あくまで視聴者の興味を惹くために作られたドキュメンタリーであることに対しての(これは本当にドキュメンタリーと言えるのかという)不信感。
何とかこなしてやり過ごしていた先に、色んな邪念が募っていく。
生きていて何やってるんだろうというあのやるせない感じが、リアルにうまく描写されていた。

レポートしているうちに、視聴者のために本当の自分とは違う自分を切り売りしているような感覚に苛まれ始める葉子が、あるシーンを皮切りに少しずつ変わっていき、それにより新たな自分に出会えて、最高な形で旅がおわり、新たな(葉子の)世界がはじまる。

まさに旅のおわり世界のはじまり。
全てがあのエンディングに繋がっていたのか、と思うと感慨深いし、そのためにあの前半を描く意味が物凄くある。

本当の意味で葉子が旅をできていたのは、後半のみ(あるシーンの後から)なのである。
豊かな人生への歩みを進めた。

旅をする上では、やらないといけないこととかそういうマイナスで、それにより抑えめになるような事象は一旦忘れて、今その瞬間の心と感情に正直になって、その場を全力で感じて行動に移していくことが大事なんだと、さらにそれが結局豊かな人生を歩んでいくためにも大事なんだというメッセージ性を徐々に帯びさせる。

 

目の前のことに夢中になり、好奇心に駆り立たされながら、能動的にその場を感じ取りに行く。
その裏にはもちろんやったことないことや馴染みのないことをすることに対しての不安があるだろうが、いかにそこに打ち勝てるか。
それによりやっと新しい世界のスタート地点に立つことができる。
そして自分の意思でやったことにより、それが正しいとわかったときに、それが自信になり、人生の豊かさに跳ね返ってくる。
よい循環が生まれてくる。

せっかくの旅は色んなものに触れないともったいない。
触れることで、新しい考え方や世界を知ることができ、それがまんま自分の人生に返ってくる。
そこに影響されすぎることは必ずしもよいことではないかもしれないが、新しいものに触れることで、自分の人生を充実するための選択肢は増えるはず。

そしてそれは何も旅のみならず、普段の生活の中でも言えること。
何かを新しく知り、その反応が自分を更新し続けていくことに繋がり、それこそキャッチコピーの新しい自分に出会うことができる。

偶然だとしても、前向きに捉えて触れていくことでしかわからないこと、掴めないものがある。

人生から旅を、旅から人生を考えさせられるシンプルに見えてなかなかに深い映画でした。

P.S.
これはAKB48前田敦子から女優の前田敦子へ、交際の許されない前田敦子から結婚をして子供を授かった前田敦子へ、悩みもがきながらも出した決断とそれにより作られた新たな人生を旅に例えているような作品に思えた。
前田敦子だからこそより感じられるリアリティ。

彼女を取り巻く加瀬亮の安定の包容力と染谷将太柄本時生の色が違うスタッフ像。
全てが様になってハマってる素晴らしいキャスティングでした。

#映画#旅のおわり世界のはじまり#黒沢清#前田敦子#染谷将太#柄本時生#アディズラジャボフ#加瀬亮#邦画#映画好きな人と繋がりたい

【映画】バーニング 劇場版 〜彼女は一体、なぜ消えたのか?〜

f:id:takuro901:20190824134845j:image

バーニング 劇場版(Burning)

彼女は一体、なぜ消えたのか?

村上春樹原作の短編小説『納屋を焼く』を、韓国のイチャンドン監督が映画化した作品。

どんでん返しミステリーかと思いきや、また新たな私的映画の扉が開かれたよい意味で裏切られた現代社会のメタファー的極上ミステリー映画であった。

 

一つの閉ざされた世界で起こる1人の女性を取り巻く対比された男性2人の三角関係が織りなす物語は、韓国における現代社会(格差社会)の縮図となっている。

個人的には、ヘミがなぜ消えてしまったのか(行方不明になってしまったのか)に着目しつつ、主人公であるイ・ジョンス(ユ・アイン)に極限にまで感情移入して鑑賞することをおすすめします。

小説家を目指すためにバイトで生計を立てながら暮らすジョンスは、ある日偶然に幼馴染であるシン・ヘミ(チョン・ジョンソ)に出会う。
2人はとんとん拍子に関係が進んでいき、ジョンスはヘミに夢中になっていく。

 

ヘミがアフリカへ旅行をする間、猫の世話を頼まれたジョンス。
律儀に猫がいない家を訪問しては、いない猫に餌を与え続ける。

ヘミがアフリカから帰ってきて、謎の男ベン(スティーブン・ユアン)を紹介される。
ベンはヘミとともにジョンスの家を訪れて、意味深な秘密をジョンスに暴露する。
そこから、ジョンスは嫌な予感を感じ始めて…

 

それがあると思い込むのではなく、そこにないことをないと思う。
冒頭ではどう捉えたらよいか意味がわからないこの言葉が、本作においてとても重要な意味をなしていく。
人はいて欲しい存在がいないときに、それがあると思い込む(妄想する)ことで、何とか自分を保とうとすることがあるが、それだと何も進まないし変わらない。
ないことをないと思うことから、やっと人は進み、変えるきっかけを掴み取ることができる。
まずないものをないものとして受け入れることが必要。

あらゆるメタファーなる表現を、全てそのまま受け取るジョンス。

(ネタバレになるので具体的な事象は控えますが、)小説家を目指しているのにも関わらず、想像力に欠けており、メタファー(隠喩)の意味すらも知らない。
要は結局見栄で、小説家としての仕事は、本作の中で何一つ前進していない。そこに縋れていない。

メタファーを並べつつ各人の人となりを描いていきながら、じわじわと1人の女性を軸に、完全に対比となる2人の男性像の前提の違い(格差)によって引き起こされるある事件が起こったときにとるそれぞれの異なる対応からズレていくお互いの切迫さや距離感や思い、そして噛み合わない会話により、更なる勘違いを生み、ラストの悲劇に繋がっていく。

 

生活がギリギリで余裕がなく縋るものがヘミしかないジョンスと裕福で遊んで暮らしつつ人間関係にまで余裕のあるベン。

会った瞬間にあからさまに敵わないことを悟ったジョンスは、入る余地のないヘミとベンの2人のやりとりに笑って合わせながら、時に少しばかりの見栄を張ることしかできずに、もやもやだけが募っていく。

さらに中盤から終盤にかけてのヘミが消えて(行方不明になって)からのお互いのそれに対しての行動や言動、対応が真反対でさらにお互いのあらゆるものの行き違いが格差社会の闇としてどんどん浮き彫りになっていく。

その行き違いはジョンスに固定観念(囚われ)をもたらすことになり、それがエスカレートしていく。

それはもはやジョンスがストーカーに見えるくらいのヘミへの執着で、それ以外のことを全く考えられることができていない。
かたやでベンは次の女性にヘミと全く同じ形で打ち解けていっている。
ここから両者における明確な違いが浮き彫りになってきていて、両者の違いから「それがあると思い込むのではなく、そこにないことをないと思う」にまた立ち返らせてくれて、その意味がより広がり深まっていく。

ステータスの欠乏(ジョンス)と愛の欠乏(ベン)。
ミステリーに見せつつ、現代社会の現実をリアルに見せてくる社会的側面からも考える余地がありまくり、文学性もあるとてつもない作品。

復讐における殺人ってこういう感じで起こってるものがたくさんありそうな気がして実に怖い。

これは鑑賞する人によって、捉え方が全く異なるであろう。
主人公に感情移入したときに、対ヘミと対ベンをどのように見るかで全然変わってくる。
色んな側面から物語を捉えると幾ばくにも広げて深めることができるとても奥深いスルメ映画。

 

基本視聴者に委ねるスタンスで、何も伏線は回収されない。
だからこその深みと重みから来るおもしろみをしっかりと感じ取れる作品となっている。

邦画だと『三度目の殺人』や『ゆれる』に近い感じ。
カンヌっぽかった!

P.S.
キャスト初見ばかりでしたがよかったです。
ユ・アインの冴えなさとスティーブン・ユアンのモテオーラの半端なさと何よりチョン・ジョンソの確かにどちらもに振れそうな女性像。
キム・コッピやキム・テリを彷彿とさせる女優さんだなと思いました。

 

#映画 #バーニング #バーニング劇場版#burning #納屋を焼く #イチャンドン #村上春樹 #ユアイン #スティーヴンユァン #チョンジョンソ #韓国映画 #映画好きな人と繋がりたい

【映画】Diner ダイナー 〜色彩豊かな芸術的映画〜

f:id:takuro901:20190819204631j:image

Diner ダイナー

美味いメシを食うか?それとも死ぬか?

試写会にて鑑賞。
色彩豊かで一気に蜷川監督の世界観に引き込まれるアート的作品。
キャストまでもがアーティスティック。

物語性は弱く脚本がやや荒削りな感じなのは否めないが、そんなことは気にならないくらいのハラドキ感と世界観の作り込みとキャスティング。

 

さらにフィクションのわりに、わりと骨太な現代的なテーマ性があって、今作最大のメッセージである自分と向き合って自らの意思に従って自信を持って生きることの尊さとこなすように生きる一人の女性がそう変わるに至るまでを、殺し屋と触れていくことで醸成していくユニークな展開がおもしろく、見応えがあった。

 

冒頭から不穏な空気の流れる奇妙な雰囲気から映画が始まる。
何かを成し遂げるためでも目指すためでもなく、日々をただこなすように死にきれないから生きていたようなカナコ(玉城ティナ)が、唯一のやりたいことを見つけ、そのために挑戦をしたことで、元殺し屋のボンベロ(藤原竜也)が営むダイナー(殺し屋のための食堂)で働くことになる。

ここで死か従うかの二択を突きつけられながら日々を過ごすようになるカナコ。
もちろん挑戦したことに対して、こんなことになるなら挑戦なんてしなかったらよかったと、やっぱり似つかわしくないことはしない方がよかったとネガティブにその状況を捉えていたが、ダイナーで出会う色んな殺し屋とボンベロとの触れ合いによって、そんな状況と彼女自身が徐々に変わっていく。

 

人と何かが違うマイノリティの象徴とも言えるであろう殺し屋には、そこに至るまでの背景がそれぞれにはあり、全てではないが、ポイントとなるスキン(窪田正孝)とキッド(本郷奏多)はそれが明らかになっていき、そこに人と接するときのイマジネーション(想像すること)の大切さが訴えられている。

いつ殺されるかわからない状況下で働くカナコ。
人と向き合って生きてきたことがほぼ皆無な彼女にとって、社会とそれぞれの人とを知らな過ぎることによって起こす性善説をもとにしてした行動が波乱を呼んでいくことは、現実世界でもよくあることであろう。

 

例えば、よかれと思ってやったことが相手にとってはそれによって状況がとてもしんどくなってしまうことなんてことや今は一人にして欲しいみたいなことは、重さは違えど、現実でもよくあるのではなかろうか。

もちろんよかれと思ってすること、でもそれが人によっては触れてはいけない琴線であることもある。
だから想像力を働かせないといけない。
色んな人のことを表面だけじゃないことも含めて、知る必要があるということを思い知らされる。

 

あらゆる殺し屋との距離の取り方や縮め方、向き合い方に右往左往しながらも、生きていく中で初めて必要とされる感覚を知り、それが自分と向き合うことにも繋がり、やりたいことを見つけていく流れになっていく。
そして、ラストのエモーショナルな展開へと誘(いざな)われていく。

未だ馴染みのない触れたことのない人の姿に映画館越しでも触れられることは物凄く刺激になるし、何か揺さぶられるものがあり、世界が広がったかのような感覚に浸ることができる。

最初から最後まで目が離せない、痛くもあり美しくもある唯一無二のこの世界観が魅力的な作品でした。これはクセになる!

 

P.S.
キャストが全員ハマりすぎていてよかった。
中でも特に玉城ティナが神がかっていた。
あの役はまさに今現代彼女しかできないだろうと思わせるくらいの演技とハマり具合。
キャスティングの時点で大勝利してる作品。
斎藤工小栗旬の使い方が贅沢すぎる。
さすがの蜷川組。(斎藤工は違うか!)
今作を観て思ったけど、蜷川監督と山戸監督には近しいものを感じた。

これを観て一番に想起したのが「溺れるナイフ」だった。
だから好き嫌いはわかれるし、その分評価もわかれてるなーと。
あらゆることに対してのわかりやすい意味づけや物語性、伏線回収を作中に求める人にとってはあまりハマらない作品かなと思います。

#映画 #Diner #ダイナー #Dinerダイナー#蜷川実花 #平山夢明 #藤原竜也 #玉城ティナ #窪田正孝 #本郷奏多 #武田真治#斎藤工 #佐藤江梨子 #金子ノブアキ #吉村界人 #小栗旬 #土屋アンナ #真矢ミキ #奥田瑛二 #邦画 #映画好きな人と繋がりたい