Cinema Life Career

映画紹介を中心に、仕事観やキャリアについてなど、世界観や見えていること、日常の中で感じていることを徒然なるままに綴っていきます。

【映画】ホットギミック ガールミーツボーイ 〜3つの初恋。一つの答え。〜

f:id:takuro901:20190715155637j:image

ホットギミック ガールミーツボーイ

3つの初恋。1つの答え。

これを10代で観ることができていたら、もっと早くに自分の世界が変わっていただろう。
自分の世界というと語弊があるか。
この世界を自分のものとしてもっと肯定的に、前向きに自分の人生を歩めるきっかけになっていたに違いない。
もしそうじゃない方がいたら、10代だけでなく色んな世代の方々に観て欲しいです。

自分の意思でその世界をどう見るか、その上でどう生きるか、何を選んで何を捨てるか。

10代の大半の悩みを占めるであろう恋愛において、タイプ(性格)も境遇もスタンスも関係性も雰囲気も、何もかもが違う3人の男の異なる愛のアプローチに振り回される一人の少女とその少女が空っぽで卑屈になりがちな自分と慣れない恋愛に悩みもがきながら、それでも向き合っていくことで、徐々に変わっていくきっかけを掴んでいき、一つの選択の決断をするまでの過程が描かれている。

その独特の描き方と作られる雰囲気に物凄くのめり込むことができる。
音楽の挿入と遠近と高低の使い分け、ロケーション、情景と全てが絶妙でどこか新しい。
ずっとこの世界に入り浸っていたいと本気で思えた。

他者と関わりながらも自分の意思や感情に従って生きることそのものに対しての尊さとそこに至るまでの葛藤と難しさとその過程にある悩みをしっかりと描きながら、(ある人に対しての)確かなる一つの答えに落とし込んでいく類い稀ない傑作。
誰かには全く刺さらないだろうが、誰かには物凄く刺さる、ある人に対しての作品。

元来それだけ誰かと生きるって、一緒になるって、複雑で覚悟がいることなんだというのが、本作を観たらひしひしと伝わってきていて、物凄い刺激を五感に与えられた感覚。

よく出てくるのバカと宇宙。
バカというのは自分を確立できていないということ、自分が何者かがわからない状態であると捉えたが、それだと他者もその人のことがわかるわけがないし、だからこそその人に宇宙を感じるのである。
無限の可能性が広がっているように、未知のその人だけに秘めている感情と気持ちと心があるように。
バカであれば何者にもなることができるというそれで悩んでいる人への最高の後押し。

それでよいし、むしろそれこそが、自信をつけて自分を肯定して前向きに生きることができるようになっていき、それをベースに自分を更新しながら創っていくことができ、さらに豊かな人生へと繋げることができる。
何かしらに落ち着くのでなく、ずっと自分を探求し続ける。
それはあらゆるものに触れて、あらゆる経験をして、大前提その上で自分の感情と意思に正直になって、一つ一つの決断を出していくことでできてくる。

日々の選択に対して、そんなに深く悩んだり考えることをするなんて生きづらいように思うかもしれないけど、その過程で自分に向き合うことで、その先に確かに何かに気づけて、何かを新たに知ることができて、何かが変わっていく。
その一連の人間ならではのめんどくささに対して、尊いほどのレベル感でありったけの肯定と後押しをしてくれる。
そういう自分を否定するのではなく、むしろそれでいいんだよと、その方がいいんだよと。

恋愛の前にまずは自分がどう生きたいか、どうなりたいか、どうありたいか、何がしたいか。
とことんにまで自分の想いに忠実になりながら、それを利害関係なく一緒に作って実現していけると、そこに安心感や安堵感があって、やっとその人と生活を共にしたいとなる。

それでも別にそれ以外の要素にも惹かれて取捨選択で悩むことをも否定しない。
色んな形があるが、山戸監督が出した一つの答えは、まず大前提としてこの世界は自分のものであるというベースを蔑ろにしないことの上に、全てのプラスアルファが乗っかってくるという価値観であった。

誰のものでもないし、誰にも守られないし、誰にも奪われない。自分だけの世界と自分だけの人生。
他者との関わりを通してそれを知りながら、まずは自分であり続ける覚悟、本当の意味で自分を生きるという選択。
次にどんな恋愛が待っているのかはわからないが、心の底から初を応援したいと思えた。
その先に待ってる恋愛はきっともっと素敵なはず!

21世紀の女の子、離ればなれの花々へ、がきっかけなのか、より幅と深さが生まれて、価値観により世界観が確立されていて、覚醒しているように感じる。

誰かのための作品は、理解できたらとてもハマるし、ハマらない人にはハマらないと思う。
でも山戸結希監督の作品はそれでいいんだと改めて思えた。

宇宙感じたい。

P.S.
キャストも最高によかったです。
特に主演の堀未央奈、ドSさとその裏側の二重人格を演じる清水尋也、抑えが物凄く効いてる間宮祥太朗、歪んだ愛情の中で諭していく吉岡里帆、初の逆を生き個を確立しようと奮闘する桜田ひより
そして全体的に挿入曲カノンが最高で、空気をこれでもかというくらいに作っている。
とにかくたまらない。こんな奇跡、あってよいのか。

#映画#ホットギミックガールミーツボーイ#ホットギミック#山戸結希#相原実貴#堀未央奈#清水尋也#板垣瑞生#間宮祥太朗#桜田ひより#上村海成#吉川愛#志磨遼平#黒沢あすか#高橋和也#反町隆史#吉岡里帆#私のホットギミック