Cinema Life Career

映画紹介を中心に、仕事観やキャリアについてなど、世界観や見えていること、日常の中で感じていることを徒然なるままに綴っていきます。

【映画】トイ・ストーリー4 〜新たなおもちゃの旅が始まる〜

f:id:takuro901:20190727220308j:image

トイ・ストーリー4(Toy Story 4)

あなたはまだー本当の「トイ・ストーリー」を知らない。

トイ・ストーリー3が完璧すぎる終わり方で、その次にどんなものができあがるのか想像できてなかったけど、「そう来たか!」という内容で、驚きと同時に、とても楽しむことも涙を流すこともできた。

 

キャッチコピーがしっくり来る。
確かにまだ本当の意味でのトイ(おもちゃの)ストーリーは知らなかったと思えるほどの今作ならではの新たなメッセージ性が詰まっている、新鮮でより壮大な「トイ・ストーリー」だった。

 

おもちゃの定義に触れつつ、様々なおもちゃの生き方や考え方から、人の人生の生き方や考え方の多様性についても考えさせられ、信念を大切にしつつも、視野を広げていきながら柔軟に人生を選択していくことの大切さを感じさせられる。
また、ウッディの最後の大きな決断から、自分の場所は自らで切り拓いて作るものであることを教えてくれていたような感じがした。

 

アンディが大学生になって、おもちゃたちがボニーの元に。
ボニーは恥ずかしがり屋で、おもちゃで遊ぶのが大好きな可愛らしい女の子。
今までのアンディのときのように遊ばれる(選ばれる)ことがなくなってしまったウッディは、それでもなお持ち主のボニーのために奮闘する。

 

ボニーが初めての保育園で作った彼女の一番の味方でありお気に入りのおもちゃフォーキー。
ゴミが重なり合ってできたおもちゃがゆえに、自分のことをゴミだと思い込んでおもちゃとして生きることから逃げてしまう。
そのフォーキーをボニーの元に返すための行動に出たその先に、様々な世界やおもちゃ、さらに仲間であったヒロインボーとの運命的な出会いを含むスリル溢れる壮大な冒険が待っていた。

 

おもちゃにもしも人間的な心や感情があったら、人間の前では動けないというトイ・ストーリーならではのベースの部分は変えずに、それだからこそ繰り広げられる刺激的で楽しい世界は健在で、むしろ今回がわくわく度としては一番高かったかもしれない。
よりユニークな新しいキャラクターも増えて、その数も多くて全然飽きずに観ていられて、とてもおもしろかった。

 

決定的な悪いおもちゃや悪役が出るわけでないから、何かが陥れられるわけでなく、意見は違うから衝突はし合っていくが、全てのおもちゃが絶妙にハッピーエンドに落とし込まれていく展開でとてもよかった。

 

今までずっとアンディの元でスポットライトが当たる中で過ごせてきたウッディは、自らが選ばれなくなってくることで初めて感じるやるせなく迷子になったような感覚。

 

冒険を通して、一度も子供に見向きも遊ばれたこともなく、スポットライトが当てられない中で、そのときを願いながらずっと待ち続けているおもちゃやすぐに遊ばれなくなったおもちゃ、さらに誰かの子どものものじゃなくなってもおもちゃだけで勇敢に生きて、旅をし続けているおもちゃに出会っていくことで、ウッディが色んなおもちゃの気持ちに寄り添えるからこそ、心の葛藤を抱えながらこれからの生き方について悩みながら、それぞれのおもちゃに寄り添って行動していき、それにより救われていくおもちゃが出てくる流れに感動。

 

全ての布石がラストの一連の流れに全部繋がっていく気持ちよさと相乗効果から来る感動の波が本当に凄かった!
内容は変わっても、ストーリー構成に関してはまたまた完璧すぎる安定のクオリティの高さ。

 

最後の決断のシーンは意外とあっさりめだったので、そこよりもその前のシーンに対しての感動が凄かった。
ボニーのためにしか動いていなかったウッディが、リスクはあっても、他のおもちゃのために動いていく。

今まで信念が曲がらなかったウッディが、色んなものに触れることで、柔軟性を持つようになり、自らで持ち主のためでも今までの仲間のおもちゃのためだけでもなく、出会ったおもちゃのために動いていき、あるおもちゃが救われるシーンがやばかった。
さらにあるおもちゃが壁を超えて大活躍して、過去を清算し自信をつけられたシーンも!

 

でもそう動けたのはウッディのために動いてくれたおもちゃもいて、そこへの感謝の恩返しと自分とは異なる境遇のおもちゃの気持ちがわかったからこそそれに寄り添えた上でなされたものだとすると本当に感動的で、子供だけでなく大人も感情移入できて、じんわりと深く刺さってくるものがある。むしろ大人の方がそうなるか。

 

もちろんそんな色々な出会いと行動からウッディのあの最後の決断に繋がるわけなので、ラストシーンも感慨深いものがあります。

 

物語は常に変わっていき、出会うものにより考え方も変わり、そこから新たな道が拓けることがある。
色んなものに触れれば触れるほど選択肢ができて、その分選択をしないといけなくなる。
でもそれがより豊かな人生を歩むきっかけに繋がる。

 

今までとは違うストーリーやスポットを作ることで、「トイ・ストーリー」が確かに次のステージに、人間の成長のように進んで変わっていくのを感じ取れた最新作でした。

 

P.S.
エンディングまで楽しめるのがピクサーのよさ!
ユーモアに溢れていた。

 

#映画#トイストーリー#トイストーリー4#toystory#toystory4#ディズニー#ピクサー#洋画#映画好きな人と繋がりたい